• [20] 2018/03/11 13:36

    ロリがパンチラしている動画を見て興奮しました。
    ぼんやりと目の前で正座しているのを見ていました。
    黄色いシミが付いていたなんて、情けなくなりました。
    異様な光景に呆然としてしまったのです。
    1週間ほど前、久しぶりに会ってパンツを見せもらいました。
    何よりも、側にいられるのがうれしかったのです。
    ロリのパンチラの動画を見て過剰反応ではないかと思うほど興奮しました。
    慌てて振り返って肩を掴みました。
    いつの間にか、盗撮されていました。
    白いフリルがふんだんに使われたものを手の取ったのです。
    生写真を見ることを楽しんでいるようでした。
    バスルームに入り鏡の前に座って、ため息をついたのです。
    照れ笑いする表情は可愛すぎて本当に参ってしまったのです。
    ロリはパンチラしているのに気付いて慌ててスカートの裾を直しました。
    その日は自分でもびっくりするほどマンコに食い込みしていました。
    大陰唇が見えていることに気付いて、焦ってしまったのです。
    ロリがパンチラしているのを本当に嬉しそうにを見ていました。
    実際に個人撮影してくれるとは思えませんでした。
    危うく倒れそうになるところを慌てて抱きとめました。
    ようやく、見せることを納得して脚を開いてくれました。
    パンツを見せてくれたことで親近感が沸いてきたのです。
    マンスジを見たことで興奮して落ち着かなくなります。
    性欲が人一倍強かったので、グラマーな体を見ることに興味がありました。
    パンツが目の前にあったので快感を覚えたのです。
    後ろから責めたてられるのを懸命に受け止めました。
    また、脱いで見せてくれた時の感激が忘れられません。
    日に焼けた肌にすごく優しそうな目をしてました。
    そんなところで、出すことは、とても勇気のいることです。
    思った以上に過激な内容のものが多いのには驚かせられるのでした。
    このあと、気が済むまで抱いたのは言うまでもありません。
    そんな相手に負けるなんて、なんだか悔しいのです。
    個人撮影したことで気分が高揚しました。
    16歳への気持ちは本気です。
    初めは嬉しいという気持ちが先走っていました。
    気持ちを無下にするのは仲を悪くするものだと思っています。
    裏DVDを見たら充実感が味わえました。
    別に触れるわけでもないで見ることに夢中になっていました。
    いやらしい姿勢になったことが、火に油を注いだように性欲に火をつけました。
    タテスジが見えたことで性欲を感じたのです。
    サイズもピッタリだったから、見えることはなかったのです。
    とてもずぼらだったので努力をせず、見ようとしました。
    それで何度目かの時に、掲示板の投稿できました。
    それだけのことなのに、胸の奥がほんわかとしたのです。
    ロリがパンチラしたのを見たのです。
    久しぶりに着たのでサイズが小さくなっていました。
    そう言いながらも快感に耐えている顔を見て嬉しくなったのです。
    とても似合っていたので、誰にも見せないのはもったいなかったのです。
    そもそも抵抗するのには慣れていました。
    下は食い込んでいて、とてもきつかったのです。
    しばらく手で触っていたら、大分大きくなってきました。
    過去に好奇心でを見たことをまったく忘れていたのです。
    やりたい盛りだったので無料の画像が見たかったのです。
    15歳が好きになっていました。
    そう思ったら、急に体が熱くなりました。
    盗撮できた瞬間から変わった様な気がしました。
    ワレメを舐めているうちに、濡れて来てしまったのです。
    一緒に行きたそうにしていました。
    大きく開いた両脚の付け根に柔らかそうな繊毛が見えました。
    現役であることを知って興奮してしまったのです。
    パンチラしていたことを知って、顔を真っ赤にしてました。
    一緒に来たら反対されるのは目に見えていました。
    はどうしていいかわからなかったけど、結局のところ流出さてもいいと思えたのです。
    最近は、めっきり見ることも少なくなりました。
    DVDを見たら、たまらない気持ちになってしまいました。
    まだ、夏っぽいことあんまりしてなかったのです。
    恥ずかしすぎて、すでに目には涙がたまっていました。
    巨乳だったから嬉しかったのです。
    どこか冗談めかしにしてましたが本気だというのは分かってました。
    そして、割れ目を見て気分をすっきりさせました。
    強い風が吹いて、丸見えになってしまいました。
    他に方法が思いつかなかったのです。
    パンチラしているのを見て、むらっ気がおきたのです。
    会って数日しかたってないのに、股間を見せてくれたのです。
    出歩くことで、スリルを味わうことができたのです。
    また、高画質で見れたことが嬉しかったのです。
    せっかく会ったのだから、パンツを眺めさせてもらいました。
    楽しそうに笑うのを見て、少し申し訳ない気持ちになりました。
    その際、さりげなく触るのは当たり前でした。
    エロいことさられことを誰にも相談できずにいました。
    肩を押し退けて、困った顔で笑ってました。
    いつ来るかわからない快感に唇を噛んで耐えてました。
  • [19] 2018/03/11 13:36

    少し前まで、体育座りしていたのに立ち上がってしまいました。
    まさか本当に無料の画像が見れるとは、思ってもいませんでした。
    目の前にしたら性欲が静まるはずありません。
    目をつむって、恥辱に耐えるしかなかったのです。
    選んだのを見た瞬間、顔を真っ赤にさせて固まってしまいました。
    久しぶりに着たらはサイズが小さくなっていて、きつくて痛かったのです。
    形のいい均整のとれた、お尻を見て興奮したのです。
    連絡先をもらってるところを何回も見ているのです。
    マンスジをさわりたくなったのです。
    誘惑するのを見るたびに、どんなに嫉妬したか知って欲しかったのです。
    股を大きく開いているせいで、はみ出していました。
    オメコが見えそうになってなんとなく照れくさかったのです。
    小柄だけど、はっきりとした顔立ちでダンスも見事でした。
    お腹のへそくらいの所に手をおき支えてくれました。
    何も喋らず、すでにスジマンを触ったを晒してました。
    いつもと違う色っぽい顔をしていました。
    ちょっとした誇らしささえ感じるようになってきたのです。
    写真を撮りたくて焦ってました。
    あまりのも短いミニスカートのため、すぐにパンチラしてしまうのです。
    Tバックをはいていたのです。
    ようやく投稿が終わって、満たされ眠りについたのです。
    不覚にも太ももを撫でられて感じてしまったのです。
    茶色いシミを見られたくないという思いがありました。
    できれば、このまま流出させていたかったのです。
    キスをしただけなのに内側から濡れてきたのです。
    これまでがんばってきたチャンスを失いたくないという気持ちが強かったのです。
    とにかく露出の多い服しかなかったのです。
    食い込みしているところを見せてくれたのです。
    親指が下の部分に当たっているのに気づいて恥ずかしくなりました。
    モロ見えにさせるのが好きだということに気がつきました。
    笑いを噛み殺しながら、パンチラを見てました。
    まんこが見えそうになっていたのです。
    掠れた声に体が勝手に反応するのです。
    また、出かけるときは、きっちり、おしゃれして行きます。
    時には肌も見せねばならないのです。
    見たことで付き合えると本気で思ったのです。
    何かに引っ張られるように両膝が離れていったのです。
    そして横に座って、さすり始めました。
    また、セクシーなものを着てきたら、我慢せずに触ればいいのです。
    自然に触れてしまったのだろうから、仕方ないと、そのまま続けたのです。
    単調で退屈な日常に刺激を求めてました。
    できるだけ不自然に見られないように気をつかいながら隠しました。
    スレンダーな体に魅力を感じたので軽くボディタッチしました。
    太ももを下から掴み動かしてました。
    ロリがパンチラしている動画を見ることが待ち遠しかったです。
    自慢できない痩せた胸が露わになったのです。
    幸いにして、恥ずかしい姿を晒すことなくここまできました。
    しかし一歩踏み込んで、触ってしまったのです。
    姿を見たら、どうしても盗撮したくなってしまったのです。
    これ以上、汚したら大変だから脱ぐことにしたのです。
    着替えるの外で待ってるのも楽しいのです。
    パンチラしているのに気付いて、体が火照るほど恥ずかしかったのです。
    徐々にTwitterに投稿してもいいかなと思うようになっていったのです。
    どういった目的で見られるかは言うまでもありません。
    再び再開すると不意に手のひらが片方の足を包むように触ったのです。
    はしたない部分が見えていると思うと興奮が襲いました。
    その場で、ワレメを見て触りたくなりました。
    何だかんだ言ってもするのが嬉しかったみたいです。
    注意しなければならない相手でした。
  • [18] 2018/03/11 13:35

    あまりにもセクシーだったので目のやり場に困って、顔を伏せてしまいました。
    黄色い、シミつきが好まれる傾向があるようです。
    そのことを知らない筈のない年齢でした。
    それで、家に帰ってもつまらなかったので、自撮りをしてみました。
    そうした対象に見られるのも承知のうえでした。
    逆さ撮りすることに夢中になりました。
    声はできるだけ我慢したかったのですが気持ち良過ぎて余裕がなかったのです。
    ロリのパンチラを見ることにためらいを感じてしまいました。
    小柄だけどスタイルはいいので、ミニスカートから見える脚も見事でした。
    18歳は話しかけるのもやっとなほど、内気でした。
    足を立てながら座っていたのでモロ見えになってました。
    手で口を押さえるけれど、突かれる度に喘ぎが漏れました。
    触れてるだけだと思い、我慢をしてそのまま続けたのです。
    目は大きくはっきりとしていてきらきらと輝いていました。
    自分の気持ちに素直になってすることにしました。
    美ボディであることを意識するようになったのです。
    個人撮影して特別な感情が湧いてきました。
    傷一つもなく、そういう意味でも奇麗な体でした。
    接写するのはまずいという空気を読み取ったのです。
    遠くの波音をかき消すような、淫らな声が溢れました。
    こんな状況にもかかわらず、体育座りをして動かなかったのです。
    自画撮りする場所を探してました。
    とにかくその理由がわからなかったのです。
    ロリのパンチラの動画を見て理性を失ったのです。
    とりあえずは、触ったことで気が済んだのです。
    初めてそれを生で見た時は、あまりの衝撃にめまいがしました。
    17歳だと知っても、驚いたりはしません。
    そのことが不思議で仕方がなかったのです。
    人に体を見られるの好きだし、みんなも喜んでくれるはずです。
    一旦、腰を止めてから深呼吸をしました。
    気づかなかったのかまだ当たっていた手を離したのです。
    均整の取れているプロポーションでした。
    パンチラを見たくて階段の下に身をひそめていたのです。
    柔らかい髪を愛しそうに撫でてくれたのです。
    1人だとつまらなかったので結局、流出させてしまったのです。
    興味本位で逆さ撮りしてしまったのです。
    こういささか強張った顔になっていました。
    パンチラを見るためには、どうしたらいいか考えました。
    無意識にその肩にしがみついていました。
    何か緊張して何処か力が入り過ぎていました。
    その後は何もなかったように普通にしてました。
    次の瞬間、じわりと温かい感触が広がったのです。
    数少ない経験から言うと、セクシーさに欠けていると思います。
    その張りのある大きな胸を上下に揺らしてました。
    いつになっても、妹は成長しなかったのです。
    踊るチアガールを見て悦びを感じてしまいました。
    パンチラしていたのを思い出して興奮したのです。
    引き締まっているうえに見事なくびれがありました。
    体を上から下まで見つめられ恥ずかしさを覚えたのです。
    付き合いが始まれば、忘れられるはずです。
    あまりに可愛い顔をしていたので、思わず逆さ撮りしたくなったのです。
    こんな所で生着替えすることが理解できなかったのです。
    純粋に局部アップしてことで感じてしまったのです。
    実は一番自信がある場所は脚だったのです。
    服を脱がしたら、エロい下着を着ていていたことに驚きました。
    少し離れたところで会う約束をしてました。
    貪るように、お尻を眺めていました。
    一歩間違えればかなり怪しい光景になったでしょう。
    どんなに頑張っても、触れるのは無理でした。
    可愛い顔していたので気持ちが盛り上がったのです。
    体を隠すようにして、その場にしゃがみ込んだのです。
    まったくその気が無い振りをして近づいて、触りました。
  • [17] 2018/03/11 13:35

    足を広げていたので割れ目が見えたのです。
    ぼうっとしていたら、いきなり水をかけられのです。
    ロリのパンチラの動画を見ることに情熱を持ってました。
    艶やかな長い髪は束ねてあげていました。
    つまり着替えをみていると言い出したのです。
    最後まで無料の画像を見ていたことを言えずにいました。
    可愛い声をあげながら、困ったように眉毛を下げて後ろを振り向いたのです。
    はみ出していたことを知って、開いた口が塞がりません。
    また、体を屈めているよりは無理なく見れると思います。
    M字開脚を見せてくれたことが、とてもいい思い出になりました。
    もう、ここで襲われても文句など言えません。
    背中を向けて肩のところを下ろしました。
    こんな忙しい時に盗撮するためにここにきたのです。
    何気なく腹のところに手をやりました。
    その時は別にしていることを気にするほどではなかったのです。
    ついさっきまで、見ていたことを思い出しました。
    比率的に可愛い子もそこそこいました。
    パンチラが見れる詳しい場所を聞かずにはいられなかったのです。
    Y字開脚しているのを見て性欲が込みあげてきたのです。
    それに気付いて咄嗟に後ろに下がりました。
    しゃがみ込んでヒモパンを見せつけました。
    布一枚で人前に出していたのかと考えると性欲が込み上げてきました。
    12歳と次に会う約束していたことを思い出したのです。
    明らかに見られたくないものを見られた言葉でした。
    接写しようと心に決めたのです。
    あんまり大きな声だと、向こうまで聞こえてしまいます。
    昔と少しも変わらず、接写するのが好きでした。
    ニーハイで開脚をしていたのです。
    お腹を必死に引っ込めていました。
    脱ぎ終わるまで見られていると思うと興奮しました。
    着替えるために更衣室に足早で向かいました。
    おしっこがしたくなって我慢できそうにありません。
    本格的に撮影するのには何時間もかかるのです。
    信じられないといった表情で見つめていました。
    嫉妬心が滞りもなくあふれてきたのです。
    ロリのパンチラを見て盛り上がっていたところです。
    そして、画像を見るのが少し楽しみになっていました。
    お腹が出ているような恥ずかしい姿を見られたくなかったのです。
    パンツを見て性欲を感じてしまったのです。
    平常心を保って流し気味に言ったのです。
    急いで、着ようと足を入れて上まで持っていきました。
    デザイン的には変わらないのに見てしまうのです。
    黄色いシミつきかどうか確かめるため、近づいていきました。
    相手が違っただけで、こんなに心臓が脈打ったのです。
    あれから何年たっても、、好きだったのです。
    巨乳だったので、いつまでも一緒にいたかったのです。
    さらに高みを目指すことにしました。
    見たら開いた口が塞がらないほど興奮したのです。
    丸見えです。
    そう心に決めるとまながうつ伏せになっているベットへと近づいたのです。
    まわりの評判はおおむねセクシーということで通ってました。
  • [16] 2018/03/11 13:35

    何があろうとも克服しなければならないのです。
    とにかくその雰囲気が楽しくて、写真を撮りました。
    そっと腰に手を置くと体が震えたのがわかりました。
    乾いている時よりもいっそう透けて、肌の色がわかりました。
    パンチラしていたことを知って手で隠してしまいました。
    DVDを見たことについて話しをして、とても面白かったのです。
    ふっくらした頬に、愛らしく大きな瞳が印象的でした。
    さすがに明るい所で隠し撮りをする勇気はなかったのです。
    とりあえずは触れること以外は何も決めていません。
    腰のところが、まだ濡れているから、着るのが難しかったのです。。
    最近は、その面からも注目を集めるようになっていました。
    また、お察しの通り、会うことが決まりました。
    案の定、感じているような甲高い声が出たのです。
    スレンダーな体を良く見せようと頑張ってました。
    大輪の花のような笑顔を向けてそう答えたのです。
    恥ずかしくて、顔から火が出そうな思いをしました。
    始めたての頃よりも断然腕は上がってきていると思いました。
    ロリのパンチラの動画を見ることに快感を覚え始めたのです。
    その時は何もかも順調にいくかに見えたのです。
    食い込みが激しくなるのを、歯を食いしばって我慢しました。
    気に入ったようで大人しく目をつぶってその行為を受けていました。
    夏休みは誰かを誘ってどこかに出掛ける予定でした。
    それで見て息がかなり荒くなってきたのです。
    腰の辺りの性感帯を強く押していったのです。
    正面を向かされ、露になったのお見られてしまったのです。
    サポーターを着けないで、そのまま着たのです。
    残念ながら一緒に出掛けてくれるような親密な女子はいませんでした。
    ちょっと落ち着い見たら桃尻だったのです。
    うつ伏せから仰向けにして無理やり足を開かせたのです。
    DVDを見て、性欲を感じることができました。
    まして、白い色だと透けてしまうのではないかと不安になりました。
    タテスジが見えたことで快感がありました。
    嫌な顔せずに待っていてくれたことで心が和みました。
    慌てて隠しても、それを退かされてしまったのです。
    真剣な表情で手を合わせて頼み込みました。
    パンチラを見るのが多分楽しかったんでしょうね。
    そう念を押して、トイレに行くために部屋を出たのです。
    しゃがみこみ、下から大事なところを見つめてました。
    無料で見れた時はすごく気持ちよかったのです。
    案の定、思っていた以上に、それは恥ずかしい格好でした。
    しかも、こうして遠目から見ている分には見てくれだけは凄く良いのです。
    無性に抱きつきたくなって、それを堪えるのに苦労しました。
    その姿をよく見ると目に何か白いものが映りました。
    積極的な態度に下半身が疼いてしまったのです。
    机に座らせると、椅子に座り足を開かせて覗き込んできたのです。
    生地が薄いばかりではなく、まるで一枚布のままになっていました。
    色っぽい目で見上げてくる瞳が堪らなく素敵でした。
    道を歩いているだけでもよく目立っていたのです。
    うんこ座りをしている姿が可愛くて憎めないのです。
    そのまま吸い寄せられるように触れたのです。
    それを繰り返されたことで限界に達してしまったのです。
    2ヶ月前くらいから気になるくらいグラマーになりました。
    脱ぐのに少し手間取ってる姿を見て興奮してしまったのです。
    素人に声をかけても無視されることが多く、もう慣れました。
    ロリのパンチラの動画を見た時の衝撃は大きかったのです。
222